« 太陽の村 | トップページ | 気がつけば、また三ヶ月。 »

本の紹介とか、「クドわふ」のマスターアップとか。

またしばらく間が空いてしまいました。

本をまとめていくつか紹介。

ラガド 煉獄の教室 Book ラガド 煉獄の教室

著者:両角 長彦
販売元:光文社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ある高校のクラスに男が乱入。生徒一人を殺害するという事件が起きる。犯人は、このクラスで苛めに遭い自殺した女生徒の父親だった。復讐が動機と思われたこの事件は、しかし意外な展開を見せる。

野心に溢れた作品。ちょっと暴走気味でもあるけど。教室の見取り図がページ下部に描かれ、逐一状況を説明する。

事実は二転三転し、ページを捲る手は速くなる。

真相はかなりトンでもないけれど、最後まで読ませる力が感じられる作品。デビュー作ということなので、今後にも期待。

地球移動作戦 (ハヤカワSFシリーズ・Jコレクション) Book 地球移動作戦 (ハヤカワSFシリーズ・Jコレクション)

著者:山本 弘
販売元:早川書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

西暦2083年。謎の新天体「シーヴェル」が観測の結果、24年後に地球に近づき壊滅的な被害をもたらすことが判明する。様々な議論の末、「地球移動作戦」が実現に向けて動き出す。

オタクネタにも明るい作者らしいバーチャルな女性パートナーなんかも登場しつつ、中身は本格的なSF。専門的な用語もたくさん出てきて、なかなかついていくのも大変なのだけど。

何しろスケールの大きな話を本当に実現可能のように描いていく手法は素晴らしい。終盤のカタルシスまで目が離せない。

あなたのための物語 (ハヤカワSFシリーズ・Jコレクション) Book あなたのための物語 (ハヤカワSFシリーズ・Jコレクション)

著者:長谷 敏司
販売元:早川書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

西暦2083年(偶然だけど、上の「地球移動作戦」と同じ設定だ)、研究者のサマンサは仮想人格「wanna be」を誕生させ、彼に創造性があることを証明するため、小説の執筆をさせていた。しかし、ある日サマンサは自分の余命があと半年であることを知る。

科学が発達しても、人は死からは逃れ得ない。サマンサと「wanna be」による生と死の対話が中心の、いわば地味なSFなのだけど、それだけに考えさせられる部分も多い。

最後の一ページ、一行がなんとも強烈な作品。

鳩とクラウジウスの原理 Book 鳩とクラウジウスの原理

著者:松尾 佑一
販売元:角川書店(角川グループパブリッシング)
Amazon.co.jpで詳細を確認する

伝書鳩によって恋文を届ける「鳩恋便」と、それを邪魔しようとするもてない男達の団体「クラウジウス団」の戦い。

軽妙な文章と癖のある登場人物による会話が面白い。そして、背後に流れる叙情的な雰囲気が作品を引き締める。

しかし、なんと言ってももてない男達に共感せざるを得ない。「この世が101人の男と100人の女性だったら、自分は間違いなく独りになるに違いない」

感じとしては、森見登美彦に近いかも。もう少しセンチメンタルな雰囲気。

デビュー作ということで、この作者も今後に期待。

「クドわふたー」が、無事マスターアップということで。

http://key.visualarts.gr.jp/kudo/index.html

城桐さんも頑張られたようなので、興味のある方はぜひ。

|

« 太陽の村 | トップページ | 気がつけば、また三ヶ月。 »

コメント

「太陽の村」読みました。ラストはちょっと切なかったです。

日傘をさしている人を見るとふと美魚を思いだします。そういえば美魚は「ONE」の茜以来の傘キャラですね。

投稿: 176 | 2010年6月10日 (木) 11時11分

紹介した本を読んでいただけると、嬉しく思います。
ありがとうございます。
美魚の日傘は影の設定が先にあって、その副産物として産まれたのですが、後から思えばなんか茜に似てしまいましたね。

投稿: 樫田 | 2010年6月10日 (木) 20時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 本の紹介とか、「クドわふ」のマスターアップとか。:

« 太陽の村 | トップページ | 気がつけば、また三ヶ月。 »