« 2010年9月 | トップページ | 2011年2月 »

2010年12月

そして、また三ヶ月。

宝島社の年末恒例「このミス」が発表されたようですね。

 

10位以内の国内作品で読んでいるのは、1位「悪の教典」(貴志祐介)、2位「写楽 閉じた国の幻」(島田荘司)、4位「隻眼の少女」(麻耶雄嵩)、10位「綺想宮殺人事件」(芦辺拓)の四作品。

 

「悪の教典」(貴志祐介)

悪の教典 上 Book 悪の教典 上

著者:貴志 祐介
販売元:文藝春秋
Amazon.co.jpで詳細を確認する

悪の教典 下 Book 悪の教典 下

著者:貴志 祐介
販売元:文藝春秋
Amazon.co.jpで詳細を確認する

生徒に慕われ、同僚や上司からの信頼も厚い教師・蓮実が持つ裏の顔とは。

みたいなお話。上巻でじわじわと蓮実の異常性が語られ、そして下巻で一気に爆発します。

なんというか、ノンストップ超特急みたいな感じで一気に読めてしまいます。

作者のインタビューを読むと、とにかくエンターテイメントを目指した娯楽作品とのこと。

なるほどと頷ける出来です。娯楽と言っても、誰でも楽しめるかどうかは別ですが。

ただ、個人的には読みやすさを重視したせいか、この作者の傑作「新世界より」のような重厚さに欠けるのが不満ですが。

 

「写楽 閉じた国の幻」(島田荘司)

これは前回に紹介しました。予想通り、上位に来たので、自分の眼も決して満更でもなかったと安心しています。

 

「隻眼の少女」(麻耶雄嵩)

隻眼の少女 Book 隻眼の少女

著者:麻耶 雄嵩
販売元:文藝春秋
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ちょうど昨日読み終わり、まさに紹介しようと思っていた本です。

死に場所を求め、大学生の静馬はある寒村を訪れる。そこで殺人事件に巻き込まれ、容疑者にされるが、隻眼の美少女・みかげの推理によって、疑いが晴れる。その後も起こる連続殺人に静馬とみかげが立ち向かう。

というお話。

これは、なんというか。凄いです。もうラストに向かってあり得ない展開が続きます。

こればかりは、読んで驚け、というしかありません。

ただ、この作者の作品を読むのは初めて、という人は本を壁に投げつけるかも。

できれば、デビュー作「翼ある闇」や「夏と冬の奏鳴曲」「鴉」「螢」「木製の王子」あたりを読んで、「麻耶イズム」に慣れてから読んでもらいたいものです。

次から次へと変化球を投げ込んでくるこの作者の引き出しは、いったいいくつあるのでしょう。

 

「綺想宮殺人事件」(芦辺拓)

綺想宮殺人事件 Book 綺想宮殺人事件

著者:芦辺 拓
販売元:東京創元社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

「綺想宮」を訪れた探偵・森江を待っていたのは、過剰に凝らされた見立てをされた逗留客の死体の数々だった。

というお話なのですが……正直、私はこの作品はあまり評価してないです。

ミステリを解体する、みたいな試みがされているのですが。「その幻想をぶち殺す」じゃないのだから、そんな野暮なことはして欲しくありません。

 

これからも、良い本に出会いたいものです。

 

さて、お知らせというか。

ちょっと思うところありまして、しばらくこのブログを非公開にします。来週末くらいにはするつもりです。

閉鎖とかではなく、近いうち(正確には分かりませんが、来年の春くらいまで)には、再開する予定です。

その時は、ちょっとリニューアルをしようと思います。

まあ、もともと数ヶ月に一度しか更新していないブログなので、特に影響はないと思いますが。

ご承知置きください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2011年2月 »